水素水を化粧水として使用すると肌荒れに良い

水素水を化粧水として使用すると肌荒れに良い

水素は美容や健康で注目されている成分です。水素水やサプリメントで口から摂取するのが一般的ですが、水素水は化粧水としても利用できます。

 

水素にはだるさ、シミ、シワなどさまざまな不調の原因になる活性酸素を消去する働きがあります。活性酸素は細胞をさびつかせ、細胞の機能が衰えることでさまざまな不調が表れます。肌も同じです。活性酸素によってさびついた細胞は代謝が落ち、古い角質が蓄積してニキビやくすみに、メラニンの生成が促されてシミに、コラーゲンが酸化して肌荒れに、などさまざまな肌トラブルの原因になります。

 

こんなときにサポートしてくれるのが水素水です。

 

水素水を化粧水として使用すると、肌の奥に存在する活性酸素に効果的に働きかけることができます。肌にはバリア機能があって、通常は成分を浸透しにくいのですが、水素は地球上でもっとも分子が小さい成分で肌の奥に浸透します。肌の奥に存在する活性酸素を除去して、メラニンの生成を抑制、コラーゲン再生などの働きが期待できます。肌荒れや乾燥肌にも働きかけるのではないかといわれています。

 

水素水の使い方は普段使っている化粧水と同じです。コットンでパックしたり、手のひらにとってつけます。

 

肌が弱い方、乾燥肌の方は、コットンよりも手でつけることがおすすめです。コットンはケバや叩くときに刺激が加わるからです。手のひらに水素水をとったり両手に広げ、手を顔に押し当てるようにします。少しずつ手の位置を変えて、顔全体に広げましょう。ハンドプレスするようにすると浸透がよくなります。

 

コットンにたっぷりと水素水をしみ込ませてパックをすることもおすすめです。たっぷりと水素水をしみ込ませたコットンを顔全体にのせます。パックをする時間は3分以内です。長時間パックをしているとコットンが乾いて、与えた潤いがコットンに戻ってしまいます。
水素水でケアをした後は、美容液やクリームなどでいつも通りのケアをしてください。