高濃度の水素水ほど水素の働きが期待できる

高濃度の水素水ほど水素の働きが期待できる

アンチエイジング、美肌、便秘解消、疲労回復などで注目を集めている成分が水素です。水素を手軽に摂れるのが水素水です。さまざまな水素水が販売されていますが、水素の働きを得るには選び方にポイントがあります。ポイントは2つです。
1つめは水素濃度です。水素に質はないため、水素濃度が選び方のポイントになります。高濃度の水素水ほど水素の働きが期待できます。

 

高濃度水素水とは、1.0ppm以上の水素が溶け込んでいる水素水のことです。高濃度水素水と謳う水素水は、1.0~1.57ppmほどの水素を含有しています。

 

一気圧での飽和水素濃度は1.6ppmです。一気圧ではこれ以上の水素を含有させることは難しいですが、独自技術でさらに多くの水素を含有させた水素水があります。しかし、充填時の水素濃度が高くても開封すると1.57ppmほどになってしまいます。そのため、1.57ppm以上含有していてもあまり違いはありません。

 

2つめの選ぶポイントは容器です。水素は地球上でもっとも分子が小さい物質なので、容器から簡単に抜け出てしまいます。水素が抜けにくい容器を使用していることがポイントです。

 

いくら充填時の水素濃度が高くても、水素が抜けやすい容器を使用していると、保管中に水素が抜けて飲むときには普通の水になっていることがありますペットボトルは水素が逃げやすく、数日で水素濃度が0ppmになります。水素が抜けにくい容器はアルミパウチパックです。特殊な4層構造をしたアルミパウチパックを採用している水素水があり、こういったものだと水素が長く維持されることが期待できます。

 

しかし、アルミパウチパックは口部分がプラスチックになっていて、この部分から水素が徐々に抜け出ていきます。これを防ぐために飲み口部分がないパックや、アルミ内臓パックが登場しています。開封後はどんどん水素が逃げていくので、開封したらすぐに飲み切るようにしましょう。飲み切れなかったときは、容器から空気を抜いてしっかりフタをして保管します。"